BLOGブログ
BLOG

腰痛は骨格矯正で原因から取り除く!!

2018/07/30
ロゴ

皆様こんにちは!!

いどばた接骨院の福里です。

一昨日の台風は雨風ともに凄かったですね・・・

当院の近辺では,昨日,一昨日とお祭りの予定だったのですが,一昨日は生憎の中止となってしまいました。

1週間以上も前から準備に取り組んでいた方も多く聞いていて残念ですが,天候には逆らえませんね・・・

それでも昨日は天気は回復して,一日だけでも開催できたのは,良かったと思います!!

さて,このところ台風だったりと不安定な天気ですから,腰痛や肩こり,頭痛等にお悩みの方は多いのではないでしょうか。

実は以前このブログでも,何故天気の悪い日に体の調子が悪くなるのかはご紹介させて頂きました。

簡単におさらいしてみましょう。

天気の変化では”高気圧”だとか”低気圧”だとかは良く耳にするかと思います。

この気圧の変化が,体に影響を及ぼします。

この気圧の変化で体の中の自律神経というものが乱れてしまいます。

簡単に雨が降っていて体が重ダルく感じる,低気圧の時は副交感神経が優位になる。

反対にお出かけ日和の良い天気の高気圧の時は交感神経が優位になります。

副交感神経とは主に体を休ませる時に優位になる神経です。

その働きに,血管の拡張,血圧の低下があり,この影響で循環障害に陥りやすく,筋肉や脳に酸素が行き届かず,腰痛や頭痛になってしまいます。

もっと詳しくは,過去のブログで記事にしていますのでそちらを参照してください!!

今回腰痛がでる原因の一つとして,天候を上げましたがもちろんこれだけではありません。

いくら天気が移り変わろうが,全く腰痛が出ない人もいますからね。

むしろ,天気の影響はもともと弱い箇所に出やすい傾向があります。

では,どういったことが腰痛の原因かと聞かれれば,ズバリ積み重ねです!!

日頃から腰から曲げて重たいものを持ち上げていませんか?

片方の足に体重をかけてはいませんか?

片方に足だけ組んで座っていませんか?

他にも,腰に影響がある姿勢,動作は沢山あります。

そんな動作の積み重ねで,筋肉が疲労し固まっていき,固まった影響で血液も流れにくくなってしまい,酸素も行き届きにくくなってしまい余計に固まっていく。

負のスパイラルですね・・・

また固まった筋肉を休ませようと,体は自然と休めるような態勢をしてしまいます。

偏った姿勢で,そのまま固まってしまい背骨の歪みに繋がってしまいますね・・・

そんな時は,当然固まってしまった筋肉をほぐす事はもちろん。

悪い姿勢で歪み定着してしまった,背骨も元の位置に戻さなければ,またすぐに固まってしまいます。

当院では奥深くまで凝り固まってしまった筋を,熟練の手技でほぐし,歪んだ背骨を一本一本狙って元の位置に戻します。

背骨を一本ずつ狙って矯正する事で,その周囲の組織に必要以上に負荷をかけることなく矯正することが出来ます。

当院の治療は,治す事に重きを置いている多少ながら痛みを伴う事も多くあります。

ですが,少しでも患者様に負担のかからぬ様日々研鑽を重ねて参りますのでよろしくお願い致します!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。

ありがとうございました。