BLOGブログ
BLOG

受験と肩こり

2019/01/12
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です!!

先程外では初雪が降りましたね!!
雨交じりのみぞれでしたが,どうりで寒いわけですね・・・
これから夜にかけてが本番ですから,出かける方は寒さ対策は万全にして下さいね!!

さて,年も明けて世の中の受験生はそろそろラストスパートをかけている頃ではないでしょうか?

今回はそんな受験生の為のお話です。
受験生ですから,一日の中で何をしている時間が一番長いのかと言えば当然勉強ですよね。
長時間机に噛り付いて勉強していたら,段々と頭痛がしてきて思うように勉強に集中出来ない等と言った経験はありませんか?

勉強をしている時と言うのは,その時間は近い距離の物だけを見続けているという事です。
近い距離を見るためには,目のピントを合わせるために目の周りの筋肉が収縮して厚くなっている状態です。
よく言う目の疲れと言うのは,この筋肉の疲労によるコリの事なんです!!

また,目だけではなく勉強している姿勢は人の体の中でも一番重たい頭を,首と肩周りの筋肉を使って支え続けているので,当然首と肩周りの筋肉も疲労してきます。
この首や肩の筋肉が疲労して凝り固まってしまうと,脳に酸素や必要な栄養分も行き渡らなくなってしまい頭痛や酷い場合は吐き気等も出てきてしまいます。

これでは集中する事は出来ず勉強していても思うように結果に繋がらないといった事にまでなってしまいます。
こんな時は一度勉強を中止して疲れた所を温めてあげて下さい。
ゆっくり風呂に浸かったり,温めたタオルを当てたりですね!!

無理して勉強を続けるよりも一度リフレッシュした方が何倍も効率が良かったりします。

また,肩や首のコリは慢性化してしまうと後々になって治すのに時間がかかってしまいます。
そうならない様に当院の様な専門家に相談する事もおススメです。

人生のかかった受験ですが,その人生を歩むためには体が必要不可欠です。
受験生には体の事を考える余裕がなかったりもしますので,そこは保護者の方が注意して見守ってあげて下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。