BLOGブログ
BLOG

冬でも脱水に注意!!

2019/02/16
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です!!

今日から徐々に暖かくなっていくようですね!!
私はどちらかと言えば暑いより寒いくらいの方が好きなのですが,やはり寒すぎるより暖かい方が過ごしやすいのでこれからの季節は大歓迎です!!
あとは花粉さえなければですけどね・・・
もうすでに花粉の徴候は現れてきていますので,これから約半年間の長い付き合いになりそうです・・・

さて,この所ずっと乾燥が続いている影響か朝一番に来られる患者様の声がかすれている事が多いです。
このブログでも夏場にはよく水分補給をして熱中症にならない様にと記事にしていましたが,冬場においては熱中症ではなく脱水症状に気を付けなければいけないのです。

冬場は当然暑くなく汗もかきにくい為水分補給を軽視しがちになってしまいます。
特に夜眠る前は夜中に起きてトイレに行きたくないからといった理由で,意識的に飲まない様にしてる方も見受けられます。

実は意外と冬に寝ている間にも体の中の水分は減っていくものなのです。
体の水分が減るとなるとまず思い浮かぶのは汗をかく事ですね。
これ以外にも皮膚や粘膜,あるいは呼気から,水分が失われる事を「不感蒸泄」と言います。
文字通り体から水分が失われる感覚が無く水分が失われる事です。

この不感蒸泄は特に乾燥した環境で増えてしまいます。
朝起きた時に喉が渇き声がかすれてしまうのはこういった事が主な原因なのです。
この時期寒さからエアコンをつけたまま眠るのは仕方がない事です。
だからこそ加湿器を使用するといった対策も必要になってきますね!!
また,眠る前にコップ一杯の水を飲んでおくなどして脱水症状にも気を付けましょう。

夏だけや冬だけと分けて考えてしまっては,痛い目を見る事になる事はまだまだたくさんあります。
また,体についても腕だけや腰だけと分けて考えてしまう事は,非常に危険な事だったりします。
体に不調を感じた時はどうか遠慮なく当院にご相談下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。