BLOGブログ
BLOG

ストレートネックって治るんですか?

2019/04/17
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です!!

先週は真冬並みに寒かった日がありましたが,昨日の天気予報ではもう冬物もしまっても良いと言っていましたので,ようやく過ごし易い季節が来たって感じですね!!
暖かくなったか運動しよう!!
といった方もいるかとは思いますが,いきなり過度な運動をしてケガをしない様に気を付けて下さいね!!
準備運動をしてしっかり体を温めてから動いて下さいね!!

さて,今回の本題ですが本院でも分院でも悩まされている方が多いストレートネックについてのお話です。
施術の前に問診していると,昔整形外科でレントゲンをとって貰ったらストレートネックと診断された事があるといった患者様がいます。
また,その患者様のほとんどが首や肩に痛みやコリを感じています。

皆様はストレートネックとはどんな状態なのかご存知ですか?
背骨は横から見るとS字状になっていて,頸椎(けいつい)は前弯(ぜんわん),胸椎(きょうつい)は後弯(こうわん),腰椎(ようつい)は前弯,仙骨(せんこつ),坐骨(ざこつ)は後弯となっています。
これは臓器を保護する為と脳にくる衝撃を少なくするためにこの様な構造になっています。

ストレートネックの方はこの頸椎の前弯が真っすぐか逆に弯曲してしまっている状態です。

よくこのストレートネックは治りませんよね・・・
と聞かれる事がありますが,確かに頸椎の形そのものは元通りにはならない可能性の方が高いです。
ですが,ストレートネックによって引き起こされる症状については話は別です。

ストレートネックによって,首の周りの筋肉が常に引っ張られて緊張している状態になってしまい,痛みやコリが出てしまったり。
足からの衝撃がクッションが一つ減ってしまい,その分の衝撃が脳に来てしまい頭痛が出てきてしまったりします。

形そのものは戻せなくとも,首の周囲の筋肉を弛めて痛みを取り除き,また頸椎の代わりに筋肉で補強しクッションにする事も出来ます。

この痛みは取れないものなのだと諦める前に,一度当院にご相談下さい!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。