BLOGブログ
BLOG

熱中症にご注意

2019/07/31
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です!!

兎に角暑いですね・・・
私は日に10回以上は口に出てしまっています。
連日ニュースでも何名熱中症になったと報道されますね。
今回はそんな熱中症に関するお話です。

熱中症とは大きく分けて4つあります。
『熱失神』皮膚血管が拡張することにより血圧が低下し、脳の血流が少なくなるために、めまい、失神などの症状が現れます。顔色が真っ青になり、呼吸回数が増え、脈は速く、しかし弱くなり、唇のしびれがおこることもあります。長時間立っていたり、座った姿勢から立ち上がったとき、運動の後にも起こります。

『熱疲労』大量の汗をかいて体内の水が失われ、水分の補給が追いつかずに脱水を起こしたときの症状で、脱力感、倦怠感、めまい、頭痛、吐き気などが見られます。汗からは塩分も失われますから、水だけを飲んでもなかなか回復しません。

『熱けいれん』大量に汗をかいたとき、血液の塩分濃度は高くなります。しかし水だけを補給すると、血液の塩分濃度は反対に低くなり、その結果として足、腕、腹などの筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。暑い環境下で長時間の運動をするなどで、大量の汗をかいたとき起こることがあります。

『熱射病』高温環境下で激しい運動をするなどで、体温が高くなって(40℃以上)脳の温度も上昇し、中枢の神経機能が異常を起こした状態です。頭痛、吐き気、めまいなどに続き、何かを聞かれても反応が鈍くなったり、おかしな言動や行動が見られたり、意識がなくなったりします。全身の臓器に障害が起こったり、死亡の危険性も高い状態です。

上記の4つに分けられていますが,当然ですが全て暑さ,熱が原因でなります。
また,高齢者や乳幼児,心臓病や腎臓病,糖尿病などの病気を持っている方はなりやすい傾向があります。

なりやすいなりにくい問わず,こまめに水分を取ったり,長時間外にはいない様にするなどの対策はしっかりする事をおススメします!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。