BLOGブログ
BLOG

男女の寒さの違い

2019/09/14
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です!!

今日は体育祭(運動会)をやっている小中学校があると聞きました。
ちょうど涼しくなってきたので,運動日和ですかね!!
しっかりと準備運動をしてケガの無いように頑張ってほしいものですね!!

それでは今回の本題です。
これからは秋がきて冬になりと段々寒くなっていきます。
夏場では男性と女性との間では冷房の温度を巡って小さな戦いが繰り広げるところも少なく無いのではないででょううか?

そもそも何故ここまで感じる温度の差が生じてしまうかは皆様はご存知ですか?
結論から言うと筋肉の量の差が体感温度の差に繋がっています。

体の構造上男性の方が当然筋肉質に作られています。
体温を上げる方法は男女関係なく大きくわけて三つあります。
・基礎代謝・食後の食べ物の消化と分解・筋肉の運動この三つです。

この中でも基礎代謝と筋肉の運動による熱産生は筋肉の量に大きく左右されるのです。
それでは基礎代謝とは何かというと,ヒトが生きているうえで呼吸等最低限必要なエネルギーの事を言います。
当然筋肉が大きいほど必要とされるエネルギーも多くなるので,それに伴い大きな熱を生産するのです。

次に筋肉の運動ですが,これはイメージが付きやすいかと思います。
寒い所にいると,自然とブルブルっと体が震える頃がありますよね?
あれが代表例です。
寒い為体の反射で急激に筋肉が収縮を繰り返し,ブルブルっと動きます。
これも筋肉が大きければ大きいほど熱を産生する効率が良くなります。

また,体を温めるにも作った熱を全身に届けなければ意味がありません。
この時に活躍するのが血液なのです!!
血液はもともと全身にくまなく巡っていますね。
この血液が温められて,全身に回っていく事で体全体が温まります。
なのでいくら筋骨隆々の人でも,循環が悪い人だと寒がりになってしまうという事です。

寒さは人の天敵です。
そもそもの筋肉量を増やさなければならない方,血液の循環に問題がある方と様々だとは思います。
こういった体のお悩みは専門家に聞く事が根本から治す一番の近道になりますので,どうかお気軽にご相談下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。