BLOGブログ
BLOG

湯船に浸かると・・・

2019/10/26
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です!!

今週は本当によく雨が降りましたが,昨日の雨は凄かったですね・・・
千葉は台風からいまだ復興できずに,追い打ちをかけられていて大変だとは思いますが一日でも早い復興を願っています。

さて,これから冬になり一段と寒さも厳しくなってくる季節になります。
なので今回は自宅で出来る一番の予防法の入浴についてお話させて頂きます。

冬になると寒さから体温を上げるために筋肉が細かく震えたり,体温を下げない為に血管が収縮したりと体には非常に負担がかかります。
それから肩こりや腰痛等の慢性痛は悪化しやすく,度が過ぎるとぎっくり腰になってしまったりするのです。

そんな冬でも対策する事で慢性痛の悪化は防ぐことが出来ます!!
その中の一つが今回の本題である入浴なのです。

入浴といってもただシャワーを浴びるだけでは効果は半減です。
大切なことはしっかり湯船に浸かる事。

湯船に浸かるメリットは大きく三つあります。
温熱効果によって全身の循環が良くなる事。
浮力がある事によって,全身の筋肉や関節に普段かかる負担が軽減される為よりリラックスする事が出来る事。
水圧によるマッサージ効果で末端に滞っていた血液が心臓に戻る事の三つです。

特に上二つが非常に重要で,寒さや日頃かかる負担から一日の内に数分間でも解き放たれる事は体にとっては大切な時間になるのです。
また,湯船の温度も非常に重要な要素の一つで,42度以上の暑いお湯だと体の中の交感神経が活発になり,体が活動状態になります。
41度以下のぬるめのお湯は逆に副交感神経が活発になり,体はリラックスモードになります。
就寝の30分~60分前に入浴を済ませておくと,丁度体温が下がり始める頃になるのでより深い質の良い睡眠がとれるようになり疲労回復効果も絶大です。

これからの時期は簡単にシャワーだけで済ますのではなく,しっかり湯船に浸かってみるのも良いかもしれませんね!!

もちろん湯船に浸かるだけでは完全に予防が出来る訳ではありませんので,少しでも体に違和感を感じたらお気軽にお問い合わせ下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。