BLOGブログ
BLOG

姿勢矯正

2020/10/31
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です。

最近は中高生の子どもを持つ親御さんから、子どもの姿勢が悪くてと相談を受ける事が増えています。
コロナもあり自宅で、もの凄い姿勢でゲームやスマホを見ている姿を目にする機会が増えたからかもしれませんね・・・

さて,今回の本題ですが普段から背中が丸まっている猫背についてお話させて頂きます。
猫背は治せるのですか?と聞かれますが,もちろん治す事は可能です。

ですが治すにも患者様にもたくさんの協力が必要となってくるのです。
背骨,脊柱の細かい矯正は私達ができる事ですが,それの維持は私達の見えていない部分である日常生活での意識が必要不可欠です。
いくら骨の位置を戻そうとも,普段の生活で背中が丸まってしまってはまたすぐに歪んでしまうのです。

正しい姿勢を意識するには当然正しい姿勢を知っていなければなりません。
細かくみるべき点はあるのですが,皆様が意識するうえで見る点は4か所だけです。
横から見て『耳たぶ』から『肩のさき』『骨盤』『くるぶし』が一直線になっていれば正しい姿勢です。
もっと簡単に見るのなら,何も意識せず立ち上がった時に,腕がきちんと太ももの横にくるかをチェックしてみて下さい。
猫背の方は真横に腕がこないで少し前に腕がくるはずです。

それでは正しい姿勢を意識するにはどうすれば良いのでしょう?
意識すべきはたったの2点です!!
骨盤を入れ込むこと。(腰に力を入れ骨盤を立てるイメージ)
肩甲骨を寄せること。(左右の肩甲骨をくっつけるように胸を張るイメージ)
この2点です。

最初は意識しながらで良いのです。
大切なのは意識し続ける事。
やり続ける事で,体幹の筋肉もついていき段々と辛い姿勢ではなくなってきます。
むしろ猫背の方が胸が苦しくなるような苦しい姿勢になります。

但しここまでやるにも細かい歪みを戻してからやらないと,逆に歪な姿勢になってしまうので注意が必要です。
本気で姿勢を正したいのならそこまでは専門家に頼ると良いですね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。