BLOGブログ
BLOG

湿度と体

2021/05/12
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です。

とうとう九州の方は梅雨入りしたと天気予報では言っていましたね!!
関東も梅雨入りするのはもう間近だと思いますので、ここからの季節は体に要注意ですよ!!

さて、今回の本題はそんな梅雨時期の体の不調についておさらいしていきましょう。

梅雨になると、体がダルくなったり、頭痛、関節痛などの節々の痛みを感じる方はいませんか?
以前もこのブログで解説しましたが、それは急激な気圧の変動が原因です。
ただ、梅雨の体の影響は気圧の変動だけではないのです。

雨が長く多く降ると湿度が高い環境が長く続く事になります。
湿度が高い環境も体には悪影響を及ぼすのです。

湿度が高いと、体の不要になった水分が汗として上手に外に出せなくなるのです。
体に水が溜まり過ぎてしまうと、むくみだったり、食欲不振、頭痛、めまい、不眠などの様々な症状が出てきます。

気圧の変動の時に出る症状と同じ事もありますので、どちらかだけを対策しても症状が緩和しない事があります。

湿度は乾燥機を使うなどして対策する事は可能なので、これからの時期は40~60%を目安に調整しましょう!! 
運動をして汗をかく事も効果的なので、室内運動場を利用するのもおススメです。

梅雨時期は外にも出にくくなるので、運動不足にもなりがちです。
急に運動する事になった際は、準備運動を怠らない様にしましょうね!!
それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。