BLOGブログ
BLOG

テーピング処置

2021/06/12
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です。

来週あたりから本格的に梅雨入りするみたいですね・・・
ジメジメした嫌な天気が続きますが、気持ちまで沈んでしまうと、体にも悪影響が出てきてしまいます。
気分を変えて、家でストレッチなどをしてみても良いかもしれませんね!!

それでは今回の本題です。
今回は、テーピングについてです。

テーピングと聞いて、スポーツをやっている方はイメージが付きやすいとは思いますが、分からない人も意外と多いです。
テーピングには種類があります。

簡単に説明すると、大きく分けて伸びるテープと伸びないテープです。

もちろん使い時が違ってきます。
伸びないテープは固定力が強くケガ等で動かしたくない時に使うのに対し、伸びないテープは運動の際の補助に使うのです。
スポーツをやっている方は、どちらかと言うと、伸びないテープを使用する機会が多いかと思います。

スポーツをやっている方だけが使う必要があるのかというと、そうでもないのです。
日常生活で、膝や腰が痛む方に、テーピングを施す事によって、日常生活での痛みが減少し、痛みからくるストレスを減少させることが出来ます。
また、保護にもなる為、患部への負担も減少し、結果早く治るという場合もあります。

もちろんメリットばかりではありません。
テープですから、敏感肌の方はかぶれてしまったり、あまりに長期間続けてしまうと、テープの保護に筋肉が頼ってしまい、筋力が低下してしまう事もあります。
こうなってしまっては、元々の機能を回復するのに時間が掛かってしまい、より長期間の治療が必要となってしまうのです。

テーピングは使い時が様々です。
正しく使えば、とても便利なものです。
いつ使うべきなのか、どのように使えば良いのかが分からない場合はいつでもご相談下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。