BLOGブログ
BLOG

夏のむくみ

2021/08/04
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です。

コロナが収まるどころか、どんどん増えてしまっていますね・・・
東京や神奈川だけでなく、他県でも緊急事態宣言が再度発令されました。
もうしばらくの辛抱と言われ続けて、もう我慢の限界と言う方も多いかと思います。
それでも一人一人が堪えて自粛する事が、感染拡大の防止に繋がるので気を引き締めていきましょうね!!

それでは今回の本題です。
今回はむくみについてです。

夏になると汗をかきやすい事からむくみにくいと思いがちですが、返って夏になるとむくみやすいという方もいます。
そんな方に共通するのが、普段の生活が冷房の効いた部屋にいる事が多いという事です。

むくむ原因は様々ですが、この時期に気を付けたいのが、冷房による冷えと過剰な水分や塩分補給、運動不足です。
水分は取り過ぎても取らな過ぎてもむくみに繋がります。

これは接種した水分が多いと余分な水分が細胞同士の間に溜まってしまうからと、逆に水分が足りないと体が溜め込もうとしてしまうからです。
血中に塩分が多いと、同様に水分を外に追い出してしまうのでむくんでしまいます。

これらによるむくみを改善するには、水分補給のタイミングを気を付ける事と、運動が一番です。
水分補給は一度に大量の水分を摂取するのではなく、こまめに行動の節目などに取る事をおススメします。
口に渇きを感じる前に水分補給をするのがベストです。

運動は日差しが強い日中にやるのではなく、夕方から夜間にやるか、室内でもむくみを改善する運動は十分可能です。
自宅の階段の昇り降りなど、ふくらはぎに意識を向けて使う事で、体内の血液は循環しやすくなります。

むくみは大きい疾患の症状の場合もあります。
気になる方は一度専門医に掛かってみるのも良いかもしれませんね!!
当院でもお気軽にご相談下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。