BLOGブログ
BLOG

夏の疲れは出ていませんか?

2021/09/04
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です。

涼しい日が続いていますが、皆様体調はいかがでしょうか?
急に涼しくなる事で、頭痛や腰痛など元々弱い所に痛みが出る方が増えてきました。
そうならない様に、日々のメンテナンスを大切にしていきましょうね!!

それでは今回の本題です。
今回は最近増えてきた症状についてです。
夏の終わりごろになると、体がだるかったり、食欲がなくなってしまったりといった不調を訴える方が増えてきます。
夏の疲労が一気に体で感じる事があるのです。

夏は外気温も高く、冷房が効いた部屋にいたりと、体に気づかない内に疲労は溜まってしまいます。
そんな夏の疲れを感じない様にするには運動が一番です。
運動をするといっても、翌日に物凄い筋肉痛が残るほどやるという訳ではありません。
前回の記事にしたウォーキングや、軽く息が上がる程度のランニングで良いのです。

ウォーキングやランニングが何故良いのかと言うと、血液の循環に影響するからです。
血液は心臓から送り出されて、体を巡って心臓に返ってくるまでが1セットです。
送り出される時には、心臓の圧力がある為、スムーズに戻りますが返ってくる時はそうではありません。
返ってくる時は何が動力なのかと言うと、筋肉の収縮です。
特にふくらはぎの収縮が主に関わってきます。
歩いたり走ったりする事によって自然と血液が全身を巡ってくれっるという事です。

運動以外にも、マッサージや入浴もおススメです。
同様の理由で、マッサージや入浴も循環を良くすることに繋がります。

夏の疲れが出る時期だからこそ動く!!
矛盾しているように感じてしまいますが、体の中から良くしていくとなると、運動は欠かせません。
自分に合った、運動法を見つけて下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。