BLOGブログ
BLOG

冬でも脱水?

2021/12/15
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です。

12月も残すところ半分になってしまいましたね・・・
後半には忘年会等で忙しい方も多いかと思います。
こういった体に負担が掛かる時期だからこその、メンテナンスも大切です。
元気に新年を迎えるために、今一度ご自身のお体と向き合って見て下さいね!!

それでは今回の本題です。
今回は脱水についてです。

寒い季節なのに脱水?
と考える方もいるかとは思います。
実は冬は夏と違って、気が付かない内に脱水状態になってしまう事もあるのです。
その原因としては、空気の乾燥や、汗をかかず、水分を失っている自覚がなく、喉の渇きを感じにくい事、体を冷やさない為に、水分補給自体を怠ってしまう事などがあげられます。
空気の乾燥は、暖房器具を使う事で、より顕著になります。
エアコンなどを使用する際には、同時に加湿器などを使用すると、乾燥を防ぎ、同時にインフルエンザ等の感染症対策にもなります。
汗をかかないから、水分が失われていないと考えてしまいがちですが、体は汗以外にも体の水分を外に排出します。
これを不感蒸泄(ふかんじょうせつ)と言います。
皮膚からの蒸散、呼気(吐いた息)に水分が含まれます。

夏と違い、確かに口に渇きを感じにくくなってしまいます。
暖かい飲み物でも、もちろん水分補給にはなりますので、夏と同様に意識して摂取する事をおススメします。
また、体の中の水分が少なくなる事で、循環障害が起こり、体に不調が生じる事も多いです。
水分補給を徹底して改善する場合もありますので、一度試してみてはいかがでしょうか?
もちろん当院でも、いつでもご相談承ります!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました。