BLOGブログ
BLOG

熱中症の季節

2022/06/29
ロゴ

皆様こんにちは!!
いどばた接骨院の福里です。
とんでもない暑さが続きますね・・・
徐々に暑くなった訳では無く、一気にこの気温になってしまったからか、例年よりキツく感じてしまいます。
日中には救急車が通る音も頻繁に聞くので、皆様も熱中症には注意しましょうね!!

それでは今回の本題です。
今回は熱中症についてのおさらいです!!

本来は春から夏にかけて、徐々に外気温も上がってきます。
体も冬を超えるための体から時間をかけて、夏の暑さに耐えうる体に変化していくのです。

その機能の一つに発汗機能があげられます。
発汗を司っているのは自律神経です。
急に温度が上がると、この自律神経もついていかずに、上手に汗をかけなくなってしまうのです。

人は汗をかくことで、体を冷やし体温を下げます。
汗が上手にかけずにいると、体の中に熱がこもり、真夏程の暑さでなくとも熱中症になりやすくなってしまうのです。

真夏の冷房の効いた部屋でも高齢者に熱中症が多いのも同様の理由ですね。
感覚が衰えて、暑さを感じにくい事もあり、発汗されずに熱が体内籠ってしまうのです。

それではどうすれば良いのかと言うと、運動する事が一番です。
運動し汗をかく事に体を慣れさせてあげる事で、急な温度変化にもついていく事が出来るのです。

また、暑さ対策も当然大切になってきます。
これに対しては以前何度か記事にしていますので、詳しくは過去の記事を参照ください!!

暑いから運動なんて出来ない・・・と考えてしまうかもしれませんが、日が沈んで少し気温が下がった時を狙ってやる等、考えればやりようはいくらでもあります!!
もちろん運動するという事は、体には負担がかかりますので、そちらのメンテナンスも怠らない事が、健康の秘訣ですよ!!
詳しく話を聞きたいと言う方は、いつでもご相談下さいね!!

それでは今回はここまでとさせて頂きます。
ありがとうございました